上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲



スポンサーサイト
2014.06.25 Wed l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
春爛漫!

140412昭和記念公園

DSC_2481.jpg



DSC_2530.jpg

休日の公園は人たちの歓声が溢れていた

DSC_2547.jpg

DSC_2559.jpg

DSC_2625.jpg

夜の帳が
DSC_2705.jpg
2014.04.19 Sat l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
冬の公園

DSC_0253 - コピー - コピー - コピー

「まるで貸し切りですよ」チケット切りながら係りの人が笑った

DSC_0229 - コピー - コピー - コピー

大木の「イイギリ」 赤い実がたくさんの枝に

DSC_0284 - コピー - コピー

「ソシンロウバイ」が香りを放っていた

散策に疲れた足は公園外れの高台へ向かっていた

頃は落日

DSC_0378 - コピー

雲の切れ間に富士が

DSC_0440 - コピー

DSC_0452 - コピー

おぉ~ダイヤモンド富士になりそう!

DSC_0464 - コピー



DSC_0477 - コピー

DSC_0494.jpg

DSC_0525.jpg

帳が下りてイルミネーションが輝きを増して


それを目指す人波をかき分けて 公園を後にした

2013.12.27 Fri l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
晩秋の公園 楓はすっかり紅に染まった


DSC00225.jpg



DSC00229.jpg

なぜ秋になると葉は紅く染まるのか ぼんやりとよぎる


<葉の赤色は色素「アントシアン」に由来する。

アントシアンは春から夏にかけての葉には存在せずに、

秋に葉に蓄積したブドウ糖や蔗糖と、紫外線の影響で発生する。>

と何処かで読んだ


DSC00232.jpg

次の季節での成長の備え 葉を落とし養分を本体に貯めこむ


自然のならい メカニズム


そっと薄くなった頭頂部に手をやって


ひとり苦笑だ

2013.12.03 Tue l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
厚く垂れこめた雲の下、江戸川を歩いた

一級河川の堤防のウォーキング

DSC_1478.jpg

晩秋とはいえ歩けば汗が噴き出す

DSC_1482-001.jpg

ススキの原にそよぐ風が心地よい

DSC_1510.jpg

堤防の街側はのんびとり釣堀風景 

DSC_1518.jpg

休日の河川敷は少年野球やサッカーの大会?で賑やか

DSC_1497-001.jpg

小学校校舎の模型を盛んに撮影している若者に出会った

DSC_1495-001.jpg


「設計して模型を作りました。学校の課題で明日提出なんです」


満面の笑みが眩しかった。希望に向かってまっしぐらの笑顔はいい!

がんばれ!!この街にこの国に世界にきみの設計した建物を造って!!

              1311江戸川畔ウォーキング 10km


巣立ちが間近な綿毛が美しい

DSC_1531-001.jpg

雲で覆われている空に渡り鳥の隊列がいくつも飛んでゆく

DSC_1539.jpg

晩秋の河畔ウォーキング 10km

DSC_1553.jpg







2013.11.06 Wed l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
初秋 そら 空

b.jpg

台風(26号)一過

sji.jpg

秋の空は心がどこまでも引き込まれる

h.jpg

x.jpg

そして雄大




asxxx.jpg

g.jpg

さぁ~陽が落ちた

空 その先へ



2013.10.16 Wed l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
東京ゲートブリッジ

1-DSC_9892.jpg

天気晴朗なれど波高し 

強い南風 橋上は前に進めないほどだった

雲は矢のように流れてゆく


                 ↑ムービーを!!

1-DSC_9932.jpg

着陸態勢ですれすれに飛ぶ飛行機は強風のためかゆっくりに見える

1-DSC_9930-001.jpg

東京湾 海はここでも雄大な眺めだ

ここでたたずむと 何かが胸中に湧いてくる思いだ

2013.10.13 Sun l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
上弦の月

1011jyogen.jpg上弦の月  月齢 6.1        17:45 撮影

静かに明るく中天に浮かんでいた

秋ですね 空を見上げよう! 

満月は19日
2013.10.11 Fri l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
東京 商業施設の小さなショーウインドー

1-DSC_9633.jpg

異次元 ひとり言をいう 

異次元とは  我々が住む次元とは異なる次元ということになるのかな

球体?のディスプレイを見て なんでこんなひとり言を

1-DSC_9634.jpg

「時空の歪み」の中心に己がいる

雑踏を歩きながら つぶやく 条理の世界に生きてるか 

1-DSC_9636.jpg

それにしてもいま 不条理が満ちてはいまいか

「時空の歪み」の中に入り込んで もがく昼下がり 





2013.10.10 Thu l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
グローバルフェスタへ有志で参加

1-ふぇtop_main3-001

雨上がりの日曜日 足下がぬかる公園にたくさんのブース

朝早くから各ブールを廻った 悪天候か昨年ほどの混雑ではない?

※主催者から

 グローバルフェスタJAPAN2013は、
 雨にもかかわらず、
 約78,000人のご来場をいただき、終了いたしました。
 誠にありがとうございました!

 と告知されていた。

1-DSC_9679.jpg

1-DSC_9697.jpg

各国政府機関 NGO 自治体 大学その他各ブース要員

ボランティアはほとんど若者 国際交流 国際貢献を担う若者たち まことに清々しい

1-DSC_9735-001.jpg

フェアは訪れる人が楽しく 見る人への意義ある啓発 広報

1-DSC_9761.jpg

日焼け防止に頬に塗布するそうだ 

彼女は爽やかな笑顔でミャンマーを詳しく語る こういう交流が楽しい

1-DSC_9785.jpg

数えきれいほどぎっしりの三つ編み長髪

我がメンバー 手に取りながら長い一問一答が続く

1Coin3.jpg

1Coin2.jpg

「コイン(100円)を埋め尽くす(1万円)と 子ども一人が1年間学校に通えるんです」

きみたちの笑顔が世界を 貧困あえぐ子たちを救う 理不尽な世界を動かす

清々しい若者の活動に心中落涙する思いだった 

1-DSC_9773.jpg

50kgの水を子どもの力でも運べるこれ これもみんなの工夫発明から生まれた

水問題は途上国の大問題 こんなうれしい国際貢献にも触れられる

1-DSC_9751.jpg

雲南省地方の正装 試着して笑顔 

1-DSC_9708.jpg

I am a Girl 世界の女の子に、生きていく力を。 マララ・ユサフザイさんの写真を掲げながら

STAND UP! TAKE ACTION!

STAND UP TAKE ACTION

<立ち上がる。その行動が世界を動かす力になる。>

~スタンドアップ テイク・アクション2013

観たり聞いたり 問答したり 珍しい食べもに触れたり

楽しく回ってたくさんの思いを胸に帰途に就いた

「写真撮るだけで貢献になります」

「STAND UP!と云ったら TAKE ACTION !と云ってください」

彼は明るい大声で言いながらシャッターを切った

2013.10.08 Tue l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
秋葉原の直近に位置する神田川の万世橋

河畔に1912年万世橋駅が開業

東京駅を作った辰野金吾の設計で赤煉瓦造り

開業時はモダンだったのだろう その後鉄道博物館になり

2006年に鉄道博物館が大宮移り現在に至る

1-DSC_9599.jpg

最近ショップ街に変身した

当時がしのばれるレトロな雰囲気

1-DSC_9625.jpg

屋上にあたる場所が旧ホーム ベンチのすぐそばを総武線が走る

1-DSC_9612.jpg

窓越しに上下線のすれ違いが望める

1-DSC_9613.jpg

アキバでの買い物の疲れを「ホーム」にあるカフェで一服も一興かと

2013.10.05 Sat l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
東京湾 

1-DSC_8996.jpg
9/27 17:18:04

晩夏 いやもう初秋かな

心地よい微風の海辺に暫し時を過ごす

1-DSC_9014.jpg
‏‎17:20:32

1-DSC_9009.jpg
‏‎17:21:49

ここまで来ると瞬く間に落ちてゆく感じだ

1-DSC_9019.jpg
‏‎17:22:26

1-DSC_9022.jpg
‏‎17:23:23

1-DSC_9032.jpg
‏‎17:24:10

1-DSC_9045.jpg
17:25:24

1-DSC_9049.jpg
‏‎17:25:49

2013.09.28 Sat l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
川越に遊んだ

お馴染みの家並 みんな笑顔でスマホを翳してる

1-DSC_8503.jpg

そんな雑踏を初めての人を連れての観光 あっ<撮影実習>だった



1-DSC_8497.jpg

時の鐘は? ここです

1-DSC_8511.jpg

折よく鐘の音が午後3時を告げていて 初訪問の人が喜んだ

1-DSC_8380.jpg

五百羅漢(喜多院)多種多様の表情をカメラで追った

1-DSC_8356.jpg

「笑顔を撮る」と笑顔だけを追う人も

芋入りうどんの遅いランチをとり

1-DSC_8551.jpg

お菓子屋横丁でこの日を終えた



2013.09.25 Wed l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
日本を縦断した台風18号 各地に多大な被害をもたらして去った

空には月が煌々と

130916.jpg

上野の美術館を遊んだ

1-DSC_6682.jpg

常設のここでいつも腰を落とす

1-DSC_6660.jpg

人もまばらな落ち着ける場所

窓の外に中庭が望めるカフェへ移動 ゆったりの時間を過ごす

そして

1-DSC_6701-002.jpg

この人に出会うが いつもの流れ

いつになく深刻な顔に見える

1-DSC_6702-001.jpg

福島第一原発の汚染水漏れ 

「我々はコントロールしている」の白けた言辞で 2020五輪を招致

16万人が未だにさまよってるフクシマ

1-1-DSC05305.jpg

原発 廃炉 核・・・パソコン タブレットにはそれらに関する研究 論文がぎっしり

どうするこれから 

1-DSC_6702.jpg

深刻なのだ 
2013.09.17 Tue l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2013

1-DSC_5518.jpg

<炎暑猛暑酷暑>今夏 この日 原宿表参道は熱気に包まれた

1-DSC_5973.jpg

たくさんの観覧者の前を 幾組もの演者が滴る汗をものともせず力いっぱいに進んでいた

原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2013> ←ムービー

1-DSC_5956.jpg

笑顔 えがお 弾ける笑顔

1-DSC_5968.jpg

少しレンズで笑顔追っていた

1-DSC_5558.jpg

真夏の祭典の大音響が原宿を覆っていた

1-DSC_5383.jpg


2013.08.29 Thu l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
今日”終戦の日”



1945年8月14日 連合国にポツダム宣言受諾を通告

 8月15日正午 終戦詔書放送により日本の降伏が知らされた



第2次世界大戦 死者5500万人 市民の死者3000万人という

日本は1941年12月の日本と米英と開戦 日本の死者300万人超

この数字(犠牲者)・・・これが戦争



当ブログは声を大にして云う

戦争はダメ 戦争はイヤ 戦争はダメ 戦争イヤ 戦争はダメ 戦争はイヤ 戦争はダメ 戦争イヤ 

戦争はダメ 戦争はイヤ 戦争はダメ 戦争イヤ 戦争はダメ 戦争はイヤ 戦争はダメ 戦争イヤ



☆少し前に書いた文☆



“火炎と火災風に追われて、隅田川の堤まで来た。
公園になってる一帯は、避難してしてきた人たちで溢れている。
その人達の荷物に火が移って、次々に火に倒れていく。ここも安全ではない。
炎の中に勇気を奮って父と二人して突き進み、堤の上にでる。
堤防の向こう、川の中に、小さな“島”があるのを知っていたので、そこへの逃避行である。
火が遮っていたので、さすがにそこにいる人はまばらだった。

だが、周りは、火を逃れて川の中に入った人達・・・、
その大半が溺死体になって浮いていた。200mほど離れたところにある小高い丘、
その上の由緒ある神社が真っ赤に燃えている。やがて強風に乗って、神社の大柱が大きな火の玉となって、
ここまで飛んでくる。鉄兜をそちらに向け頭をかがめて・・・・・。

そんな地獄のような長い夜が明けた。どうにか生き延びた。

目は煙でやられてよく見えない。とぼとぼと歩き出す。
目を凝らすと、至る所に真っ黒な丸太がある。それを跨いで、また跨いで歩く。

ハッとする。丸太ではない、遺体だ。

ku-2b.jpg

黒こげになって横たわってる女性の目とぱったり合った。やがてその人は瞳をとじた。今でもあの“目”が忘れられない。”(私の東京大空襲)

“川からあがると、朝日が煙にさえぎられて、鈍いオレンジ色に見えた。

たくさんの焼死体、死臭のなか、放浪者のわたしは~~。”                            

1945年3月10日未明、東京の下町の広い一帯は大空襲に見舞われた。
たくさんの米爆撃機は2千トンもの焼夷弾を落とし、非戦闘員の一般市民が10万人以上も犠牲になった。

東京に初めて空襲があったのは、1942年4月18日。それから少し間を置いて、

1944年11月末頃からは連日のように爆撃が行われ、1945年8月15日の終戦まで続いたのである。

中でも、1945年3月10日の空襲は規模は大きく、“東京大空襲”として人々に記憶されている。

東京、両国駅のすぐ近く、東京都慰霊堂がある。

大正12年9月1日の関東大地震の犠牲者の慰霊と納骨堂としてたてられ、

当初は東京震災慰霊記念堂とよばれていた。

東京大空襲の犠牲者は当時公園その他130数カ所に仮埋葬されていたが、

1948年~51年までに慰霊堂を拡張し、遺骨を納骨堂に納めた。

それから、“東京都慰霊堂”と名が変わった。
その脇に、“東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑”が作られ、

毎年ここで、3月10日に慰霊会が行われる。

そこの近くで、“東京空襲資料展”が開かれていたので出掛けた。

参加者は、3階の会場入り口まで長い列になっていた。

列に並んでいると、あちこちから“あの時おばあちゃんとはぐれ・・・

”“わたしは風上に向かって逃げて・・・”等々の会話が聞かれた。

ku-5.jpg


「東京は100回を超える空襲に見舞われ、とりわけ1945年3月10日の大空襲により、

下町地域は壊滅的な打撃を受け~」の説明から始まって、様々な資料が展示されていた。

もんぺや軍服調の衣服、衣服配給券、羅災証明書、マッチ回数購入券まであり、

焼夷弾や爆弾の破片、惨状を目の当たりにする写真、融けた日用品等々・・・・・。 

心痛むものばかりだ。
参加者の多くがご自身、空襲の体験者とみえて、資料を見ながら生々しい話しをしていた。

下町周辺の地図が掲げられていて、
被災して部分が赤く表示されていたが、それは東京の大部分だった。これでは逃げようがない。
あまりに悲惨・・・・・・・・・。
我が父と長兄もまた、この中で九死に一生を得たのだ。
その父達が逃げ込んだ近く、・・・それは自分の子供の頃の遊び場でもあるが・・・を歩いた。
平和な春の日差しに、ハトやカモメが飛び回っていた。

向かいのお寺で、“すいとん”の試食会があった。

覗いてみたら、具だくさんの今風のもだったが、戦後の食生活の一端を体験できた。

つい半世紀前、この国にあったこと、そう遠い出来事ではない。こんな悲惨が二度とあってはならない。

“戦争はノー”を言い続けなければ・・・・・・・・・。  


  
2013.08.15 Thu l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
猛暑続き とにかく暑い

ピンポイントで降るゲリラ豪雨もここは避けて 砂塵が舞ってる

だからビル上階のレストランへ

1-DSC_4487-001.jpg

蝶が窓ガラスにピタリ 身を支えるホールド力の強さ

蝶を裏側から見たのは初めてかもしれない

1-DSC_4480.jpg

このビルの大ホールで

1-DSC_4637-002.jpg

吹奏楽のコンサート 高校3年 最後の演奏

熱演は広いホールに響いた

1-DSC_4497.jpg

最後に3年生が前列に 後席の1 2年生は涙

夏はこうして時を刻んでゆく

2013.08.14 Wed l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
1945年8月9日 11時2分

1-DSC_3185.jpg

ナガサキ上空に閃光とキノコ雲が

人口(当時)24万 その内14万9千人が死没

       
          TPC・研修inNAGASAKI Peace

1-DSC_3083.jpg

この日を忘れない 平和を祈りに先年みんなでナガサキを訪れた


自分個人としてはナガサキ、ヒロシマ共に4回目の訪問

1-DSC_3130.jpg

みんなで折った千羽鶴を捧げて 平和を祈った

1-DSC_3118.jpg

世界中の人が例外なく平和を願ってるのに 

未だにこの地球上の何処かで紛争が絶えない 何故??

1-DSC_3137.jpg

世界中にこの像を置いてみようか

1-DSC_3105.jpg

いま時代は みんながメディア みんなで平和を発信していこう

BQ-YyKjCQAAXwT1.jpg

ミュージシャン吉川浩司氏の書だ


2013.08.08 Thu l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
あれから68年 きょう08:15黙祷した。

1-DSC_8630.jpg

1-DSC_8599.jpg


                 130513・ヒロシマ・鎮魂

5月みんなで千羽鶴を捧げた

1-DSC_8490.jpg

1-DSC_8548.jpg

みんなで平和を祈った

1-DSC_8466.jpg

核のない平和に満ちた世界になるように

これからもできることをしよう

1-DSC_8774.jpg

        2013年ヒロシマ平和宣言
2013.08.06 Tue l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
今年の夏も暑い

東京の端の広い公園 ハスを撮ろう!と

1-DSC_4089.jpg

此処にはオニバスもある がこの日は花は一つもなかった

1-DSC_4064.jpg

                ムービー130722TPC課外・水元公園

1-DSC_4046.jpg

初めて見たこのトンボ <チョウトンボ?>

1-DSC_4183.jpg

このトンボも今年初見 子どもの頃はたくさんいたけれどな


1-DSC_4096.jpg

オゾンいっぱいだよ

1-DSC_4178-001.jpg

1-DSC_4169.jpg
 
1-DSC_4087.jpg





イメージ 7




イメージ 8
.



ナイス!0





mixiチェック
はてなブックマーク
2013.07.28 Sun l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。